【デジタル時代の革新的決済ソリューション】 PumaPay Asia Roadshow 東京ミートアップレポート

レポート

こちらは2019年9月17日(火)に開催されたPumaPayミートアップレポートです。

イベント詳細:【デジタル時代の革新的決済ソリューション】 PumaPay Asia Roadshow

【デジタル時代の革新的決済ソリューション】 PumaPay Asia Roadshow 東京2019

CEO Yoav氏によるプレゼンテーション

初めに動画の紹介がありました。こちらは世界的に有名な大手アダルトサイトPornhubがPumaPay決済を導入した時に作成されたものです。

日本語版 PornHubとPumaPayが世界を救う

PornHubとPumaPayが世界を救う

PumaPay本社はキプロス・リマッソルにあり、2年前にICOで128億円を調達しました。CEOのYoav氏はアジア、特に日本を重要なマーケットと考え、今年2度目の来日をしました。今回は投資家への決済システム完成の報告です。

①PumaPay TokyoMeetup@Binarystar 2019☆PumaPayについて

当日撮影の動画にはYoav氏のプレゼンテーションに日本語通訳がついています。

Yoav氏を含む創業者は決済業界での長い経験を活かし、PumaPayをスタートしました。

既存の決済システムの弱点を克服し、ブロックチェーンを使ったより進化したシステムとクレジットカードなどの既存のシステムの良いところを取り入れた新しいシステムを開発しました。

オンラインビジネスが主流となる現在、高額な手数料や世界で7000憶ドルあると言われている不正やキャンセル・返金のリスクなどの問題点を解決し、企業も顧客も簡単に利用することができる、クレジットカードの代替手段となる決済方法が必要とされています。

仮想通貨の取引では高いボラティリティが問題となりますが、導入事業者にも利用者にもPumaPayのトークンであるPMAを使うことでそのリスクがない仕組みになっています。

また、仮想通貨の世界では支払い時は顧客が手数料を負担し、自分から送金することが普通ですが、PumaPay決済では事業者が顧客の口座から支払い額を引き出すプル型決済と呼ばれる方法を選択することができます。

この時の支払い手数料は企業負担になるので、仮想通貨決済だからと特別なことをするストレスもありません。

プル型決済の他にも様々な決済方法に対応しているので、導入事業者も顧客も支払い方法を自由に提供・選択することができます。また決済は複数の決済に対応しています。

②PumaPay TokyoMeetup@Binarystar 2019☆複数通貨対応の暗号通貨決済

PumaPaウォレット

スマホ向けのPumaPayウォレットは、PMAトークンの他、BTCやETHなどの他、すべてのERC20トークンに対応しています。今後はBCHやその他時価総額トップのトークンにも対応していく予定です。 PMAは、PumaPayウォレットの他、マイイーサウォレット等のERC20対応ウォレットでも送受信することができます。

公式サイトよりウォレットのダウンロードができます:PumaPayウォレット

ウォレット内にPumaPayからのお知らせが届きますので、ホルダーの方はぜひダウンロードして使ってみてくださいね!

ビジネス・コンソールの紹介

ここからは事業者向けの内容となります。ビジネス・コンソール画面では様々な決済を簡単に管理することができます。

③PumaPay TokyoMeetup@Binarystar 2019☆ビジネスコンソール・デモンストレーション


PumaPayは、より多くの事業者に仮想通貨決済を導入してもらえるよう、改良を重ねて便利な仕組みを提供しています。 現在提携企業は100社を超えて、実際に利用できるサービスが増えています。

※ビジネス・コンソールに興味のある企業さまは公式サイトよりご登録ができます。

今後の予定

今後は複数通貨の決済への対応、処理ノードの導入、また事業者向けにウォレット内でプマペイプライドという方法を取り入れることによる新しい収益源の構築など、今度も進化を続けていくことを発表し、報告会が終了しました。

PumaPay公式

ヨアブCEO、PumaPayジャパン代表の片山社長他スタッフの方々、アジアツアー後半でお疲れのところ、終了後のインタビューまでお付き合いいただきありがとうございました!

お二人ともとても真面目な方で、ミートアップは懇親会までとても良いムードに包まれていました^^。