Orbsメインネットローンチ直前!ミートアップレポート

レポート

☆Orbsホルダーの方へー投票すると報酬がもらえる方法についての詳細リンクを追記しました。→こちらをご覧ください「Orbs Japan Altive」

2019年3月26日(火)に、東京・京橋で、Orbsのミートアップが開催されました。Orbsスタッフからのわかりやすい解説動画とともにご紹介いたします。

Orbsは23日に韓国で記念イベントを開催し、28日にメインネットを公開すること、そして最初の上場先が韓国大手取引所のBithumbであることなどを発表しました。その時の様子はYahooニュースでも取り上げられ、日本でも大きな話題となりました。

今回日本では、注目の仮想通貨取引所Liquid の美しいオフィス内でミートアップが開催され、OrbsとLiquidとのパートナーシップも発表されました。

Orbsダニエル氏・堀田氏とLiquidスタッフ

Orbsの紹介

初めに、イスラエルより来日した日本事業責任者の堀田真代さんより、イスラエルと事業の紹介がありました。

日本事業責任者 堀田真代氏

☆堀田氏とOrbsとの出会いについてはVentureTimesの特集に詳しく紹介されています。

  

今日初めてOrbs(オーブス)と出会う方のために、初めに堀田氏よりイスラエルの紹介とOrbsの会社案内がありました。

イスラエルは日本からは直行便がないため、移動に24時間ほどがかかる中東の国です。

建国から70年ほどですが、一人当たりのGDPは日本より高い24位(日本は25位)、暗号化技術がとても得意な国です。

創業メンバー4名の中から、今回は創業者ダニエル・ペレッド氏がプレゼンテーションのため来日しました。

Orbsの進捗

現在ネットフリックスやアマゾンのように、ドットコムバブルを生き抜いた企業は世界的な大企業となっています。

Orbsが目指しているように、同じくブロックチェーンバブルを生き抜いたプロジェクトも世界を圧巻する大企業となっていくものと考えらます。

Orbsのポテンシャルについて

今なぜパブリックブロックチェーンが必要なのかというと、現在は社会のオープンソース化が進んでおり、オープンソースにしている企業ほど競争力を持ってきています。

例をあげると、モバイルOSではアップルが世界を取るかと思われましたが、オープンソースにしたアンドロイドがアップルを圧倒するシェアをとっています。

Orbsの3つの保証

Orbsではこの1年半パブリックブロックチェーンを1から開発してきましたので、導入していただく企業には3つの保証を約束できます。

監査ができること、フォークができること、ガバナンスが効くことです。

・監査ができること・・・何が起きていることを明確にできる

・フォークができる・・・自身のアプリを複製できる

・ガバナンスが効く・・・ルール変更時、自身にその権限がある

これら3つの保証を踏まえて、Orbsは現在2極化している市場の橋渡しの役割を担っていきます。問題を解決するため、イーサリアムの上にレイヤーとして乗るハイブリッドブロックチェーンという方法をとりました。

Orbsの特徴

顧客は企業

この日本のミートアップ前の3月23日には、ソウルにて韓国内パートナー企業関係者、Orbs韓国コミュニティ利用者など招待者1000人規模の大きなイベントを開催しました。

☆韓国イベント紹介youtubeはこちらの視聴リンクよりご覧ください: ORBS 밋업 !★
2時間10分頃よりダニエル氏のトークが始まります(通訳・字幕とも韓国語-英語)

Orbsはすでに韓国最大のメッセンジャーアプリKakaoとの技術提携をし、投資も受けています。

また、韓国人なら知らない人はいない、有名電子書店のYES24との提携もこのイベントで発表されました。このような企業との提携を増やしていくことが事業の拡大につながっていきます。

OrbsのPosの世界

OrbsにおけるPos(プルーフ・オブ・ステークス)では、それぞれの役割は以下のようになります。

・デリゲータ=トークンホルダー

・ガーディアン=デリゲータから投票を受ける

・バリデータ=日々ネットワークの運用をする

投資家のみなさまはデリゲータとなりますので、ここではデリゲータになるための手順を説明いたします。

①Orbsトークンを取得する

・既存投資家・・・MEWなどにトークンの配布を受ける

・新規投資家・・・取引所からトークンを購入する

②長期保有分のトークンをメタマスクに入れる

③Orbsウェブサイトからメタマスク口座を連携させて、ガーディアンを選定する

④リワード(配当)の受領

ORBS JAPANのサイトに詳しい方法を載せていただいています

☆メタマスクとの連携・ガーディアンの選定方法などにつきましては、日本語での解説サイトを作成しておりますので、後日改めてラインアットからお知らせをいたします。こちらよりご登録をお願いいたします。→Orbsオフィシャルラインアット

今後はバリデーターを監視する役割を担うガーディアン、そしてバリデーター候補15社のリストが公開されます。その中の上位10社が報酬獲得権利を得ます。日本のオフィシャルバリデーターは動画内にお知らせしている一社のみとなりますので、日本のみなさまはこちらに投票されると良いと思います。

投票に関して、EOSなどでは投票率は25%程度ですが、Orbsでは5割以上の投票を目指しています。Orbsは2017年から活動を始めて、ようやく技術を開示できるところまで来ました。

ぜひ長期的に保有していただき、積極的に投票をして、多くの配当を受け取っていただけると嬉しく思います。

メインネットのリリースでは、投資をしてくださった皆さまにトークンを配布し、その後はすみやかに上場をいたします。 これまでのサポートに心より感謝いたします。そして今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

☆こちらがOrbsのERC20のトークン登録アドレスです。偽トークンにお気をつけください。→etherscanへ

☆カスタムトークン追加情報
Contract:0xff56Cc6b1E6dEd347aA0B7676C85AB0B3D08B0FA
Symbol:ORBS
Decimals:18

Orbsよりメッセージ

最後に、Orbsの創業者ダニエル氏と堀田氏より投資家のみなさまへ、お預かりいたしましたメッセージをご紹介させていただきます。

「レポートをお読みくださっている投資家の皆さま、いつも応援ありがとうございます。

PoSでメインネットを出している案件はまだ世界に少なく、先進的な取り組みになります。

デリゲータの仕組みも作りましたので、ぜひ長期的に保有いただき、報酬の仕組みをご利用いただければ嬉しく思います。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。」

  

お二人は短い日本での滞在の合間に美しく咲く桜を楽しまれたようですね。

これからもOrbsへの応援をよろしくお願いいたします。

ご参加の皆さまありがとうございました!

Orbs公式サイト

Orbs公式ページ日本語

Orbs公式ラインアット日本語

Orbs公式ツイッター英語

What’s Being Launched - an Inventory List of Everything Part of V1 Release

We’re Launching! And this is just the beginning by Daniel

ー共同創業者ウリエル氏と堀田氏が初来日!

2018年9月世界初!Orbs東京ミートアップレポート

コメント

  1. […] 3月26日のローンチ直前東京ミートアップでも説明がありました、トークンホルダーのリワード獲得方法について、日本で唯一のガーディアンのサイトが紹介されましたので、お知らせいたします。 […]