仮想通貨ツイッターよりイースターご挨拶まとめ2019

レポート

日本ではあまり知られていませんが、イースターはキリスト教ではクリスマスと並んで大事にされているイベントです。2019年は4月21日がイースターでした。

イエス・キリストの誕生日をお祝いするのがクリスマスですが、イースターは十字架にかけられたキリストが復活したことをお祝いする「復活祭」で、宗教的にとても意味のある日です。お祝いのイベントなので、ニューイヤーやクリスマスのように、各プロジェクトからハッピーなごあいさつ状がだされるのですね。

それではここからツイッターよりまとめをお届けいたします。どうぞ、素敵なグリーティングをお楽しみください。

最初は、Verity。1月に米国に本拠を置くベンチャー・キャピタルファーム、Village Globalから支援を受けたというビッグニュースを発表しました。

カラフルなタマゴにかわいらしいウサギ、、とてもイースターらしいカードですね。

実はタマゴもウサギも、イースターと深く関係があるモチーフなのです。

古代からウサギは多産と豊作のシンボルとされ、タマゴや、ほかにメンドリのモチーフなどとともに、再生、命、繁殖の象徴とされてきました。

日本でもイースターにはタマゴやメンドリのチョコレートを輸入ショップなどで目にする機会が増えてきましたね。

では、次は最近コミュニティアプリを発表し先月から大忙しだったSwissborgです。

スイスボーグでは少し前に、黒をベースにしたカッコいいロゴにイメージチェンジをしています。こちらのタマゴのスイスボーグらしく、素敵な仕上がりですね。

日本のコミュニティのイベントでは司会やパネリストとしておなじみの人気者・アンバーさんは、アジア含む世界各地でご活躍なさっています。日本ではまだアプリの全機能を使うことはできませんが、これからのスイスボーグの活躍から目が離せませんね!

次はEMURGOカルダノADAより、日本語でのご挨拶。続けてTRONをお届けします。

カラフルなタマゴは見ているだけで楽しくなりますね!

次のタマゴはChangellyとBinanceです。

いかがでしたでしょうか。それぞれのテーマカラーを使ったグリーティングは見ているだけで楽しくなりますね。

イースターは他のイベントと異なり、毎年日付が変わります。 基本的には「春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日」と決められています。イースターの日曜をはさんだ金曜~月曜にかけては休日になる地域もあるので、相場には注意が必要な時期でもあります。

日本でもテーマパークでのイベントやお菓子などにイースターが取り入られてきていますので、クリスマスやハロウィンのように、外国の風習から日本のイベントへと形を変えて定着する日が来るかもしれませんね。

では今日の特集はここまでです。Happy Easter to everybody!

CROSS新規口座開設ロケットキャンペーン中!